人材をさがしています

チェロ奏者募集5/7のコンサート出演

東京都

残り0日

来年5/7(日)夕方からの二子玉川での
「スペイン墓の魚・室内管弦楽団」のコンサートに
出演していただける
チェロ奏者さんを募集いたします。

性別、年齢、問いません
音大生さんも歓迎

(あくまでジャンルはクラシックなので、
クラシック的技術を求めております)

本番までの練習は
時間は夕方五時半から八時で
月に二回の日曜日
五反野か駒込での練習になります。
1月29日(日)
2月12日(日)
2月26日(日)
3月12日(日)
3月26日(日)
4月9日(日)
4月23日(日)
4月30日(日)
練習は全ては出れなくても大丈夫です。
(ただし、本番までに最低二回の
練習参加をお願いいたします)

●応募前に必ず公式サイトでコンサート動画を観てから
ご応募ください。
楽譜をお送りしてから、動画を観てから、
のキャンセルの方が非常に多いです(汗)
かなりクセのある音楽ですので、
必ず確認してからのご応募をよろしくお願いいたします。
(公式サイトは、「墓の魚」でご検索くださいませ)

謝礼として20000円(+練習含めた交通費)を
お支払いいたします。

パイプオルガンやピアノ、弦楽、オペラ歌手との
中規模オケのオリジナル歌曲の演奏となります。

お気軽にご応募いただけますと嬉しいです。

●スペイン墓の魚・室内管弦楽団
(スペイン魔女のオーケストラ)とは?

日本で唯一、古めかしい教会音楽や、
クラシック系現代音楽、ファド、宗教幻想曲などを
オリジナルで作曲するオペラ楽団です。

「葬送の作曲家」黒実 音子による
対位法やフーガを駆使した独特な和声や、
リスト!?と思うような
技巧的なピアノ歌曲が特徴。

神学、皮肉、ユーモアに富んだ歌詞。
そして、最後に訪れるキリスト教的な浄化。

独特な黒実 音子の曲の世界を表現します。

古典のヨーロッパ精神である
メメント・モリ(墓の哲学)という
クラシック芸術の根底にある哲学を
テーマにした世にも珍しい楽団でもあります

投稿者  pezdetumbaさん

この投稿は募集受付期間を過ぎました